top of page

令和6年4月以降の、新型コロナウイルス感染症治療薬の費用について

 こでまで、新型コロナウイルス感染症治療薬(経口薬のラゲブリオ、パキロビッド、ゾコーバ、点滴薬のベクルリー)の薬剤費のうち、上限額を超える部分は公費で負担されてきましたが、令和6年4月1日からそれらが撤廃され、医療費の自己負担割合に応じた通常の窓口負担が必要になります。


参考;ゾコーバ;薬価5万2000円→3割負担で1万5000円強、ラゲブリオ;薬価9万4000円→3割負担で3万円弱、パキロビッド;薬価9万9000円→3割負担で3万円弱 (※いずれも規定の5日分の薬が処方される場合)



Comments


bottom of page